04 比較結果の書き出しと保存

書き出し保存が可能なPDFの種類

比較した結果は、以下2種類のPDFに書き出して保存することができます。比較時にテキスト比較機能を使用した場合は、保存したPDFに「照合結果のHTMLファイル」が添されます。

比較保存PDFの表示は、Adobe ReaderまたはAcrobatを使用して下さい。他のPDFビューワーの場合、レイヤー機能や照合結果のHTMLファイルの添付がされないことがあります。

比較モードPDF(差分マーカー付)

差分マーカー付の、比較モード表示をそのまま書き出すPDFです。

Acrobat ReaderまたはAcrobatのレイヤーを切り替えることで、差分マーカー表示の切り替えが可能です。

検査レポートPDF

次工程への申し送りなど、コメントが記入できるレポート形式のPDFです。

検査レポート
原本と校正PDFのファイル名とサムネールが表示されます。

コメント部分
記入したコメントは、一覧で表示されます。コメントが付いている部分もサムネール表示されます。

比較モードPDFの書き出し保存

1書き出したいPDFを取り込みます。

2[校正]メニューから[PDF比較]を選択します。メニュー から、[比較結果の保存]を選択します。

3 [全頁保存]または[差異頁のみ保存]を選択します。その際、保存ページに「差分マーカーを付ける/付けない」と「差分のみ表示にする/しない」が設定できます。

このダイアログの[差異頁のみ保存]は、[ページ比較結果]機能で「差異(差分)がありました。」と表示された頁が全て保存されます。


保存するページに「差分マーカーを付ける/付けない」を設定するには[差分マーカー追加]のチェックをオン/オフします。


「差分のみ表示にする/しない」は、[差分のみ表示]のチェックをオン/オフ します。

比較モードPDFのレイヤー分けについて

書き出したPDFはレイヤー分けがされており、差分マーカー部分が別レイヤーになっています。 比較結果を書き出したPDFをAdobe ReaderまたはAcrobatで開くと、図のように差分マーカーのレイヤー「marker」と原本と校正を重ね合わせたPDFの「Images」に分かれます。

「 Images」レイヤーのみを表示した例
「marker」レイヤーのみを表示した例

検査レポートPDFの書き出し保存

コメントの登録をした後、検査レポートPDFを書き出します。検査レポートは、コメントの登録をしなくても、書き出せます。

1書き出したいPDFを取り込んで、[レポート作成]の[作成]チェックボックスに、チェックを入れます。

2登録したいコメントに該当する部分をドラッグして囲みます。

[レポート作成]の[作成]チェックボックスにチェックを入れている間、[テキスト比較]は機能しません。

3[コメント入力]画面が開きます。囲んで選択した箇所 にコメントを入力することができます。コメント入力後、[レポート登録]を押すと登録でき、[中止]を押すとキャンセルとなります。

コメントなしでもレポート登録は可能です。また、入力したコメントは登録後でも加筆・修正・削除が可能です。

4登録が終わったら、検査レポートPDFを書き出し ます。[レポート作成]パネルの[登録結果]を押すと、登録したコメントの数が表示されます。

5[検査結果一覧]画面が表示され、登録したコメントを確認できます。各種設定の後、[レポート作成]を押すと、検査レポートPDFを書き出せます。

登録内容を削除したいときは

で削除したい行を選択します。[データ削除]を押すと、登録内容を削除できます。

コメントを編集したいときは

で編集したい行を選択します。ダイアログ左側に選択したコメントの内容が表示されますので、コメント欄で内容を編集し、[データ更新]を押すと、編集内容が更新できます。

検査レポートPDFの書き出しページの指定は

書き出したいページをで選択し、[レポート作成]を押すと、検査レポートPDFを保存できます。
全ページを書き出したいときは[全て]にチェックを入れます。
書き出したいページを任意で選びたいときは[選択]にチェックを入れ、右の欄に数字を入力します。
例1:1〜3ページを書き出したいとき ➡ 「1-3」と入力
例2:2、4、7ページを書き出したいとき ➡ 「2,4,7」と入力
例3:5〜10ページと20ページを書き出したいとき ➡ 「5-10,20」と入力

検査レポートPDFの作成を中止したいときは

[中止]を押すと、キャンセルできます。

検査レポートPDFの見方

検査レポートPDFは以下のような内容で書き出されます。コメントがある場合、付番された番号を参照することで、コメントがPDFのどの箇所なのか? を確認できます。

検査レポートPDFのレイヤー分けについて

書き出したPDFはレイヤー分けがされており、差分マーカーと付番されたコメント番号が別レイヤーになっています。

検査レポートPDFをAdobe ReaderまたはAcrobatで開いた例
レイヤーが差分マーカーのレイヤー「marker」、付番されたコメント番号がついた枠「frame No.」、比較モード表示の「images」に分かれます。

「marker」レイヤーのみの表示例
差分マーカーのレイヤー

「frame No.」レイヤーのみの表示例
付番されたコメント番号がついた枠のレイヤー

「Images」レイヤーのみの表示例
比較モードのレイヤー

保存するPDFに付ける差分マーカーの色の設定

保存するPDFに付ける差分マーカーの色は[環境設定]で変更でき、以下の6色から選択することができます。

保存するPDFに付ける差分マーカーの色の濃さの設定

保存するPDFに付ける差分マーカーの濃度は[環境設定]で変更できます。

1[環境設定]ダイアログの差分マーカーの濃度を調節するスライダを任意の濃度まで動かして[設定]を押します。PDFに付ける差分マーカーの濃度が変更できます。

[TrimBox範囲(仕上がりサイズ)]の外にだけ差分マーカーが付かないケース

[TrimBox範囲]の設定をすると、仕上がりサイズの外側は[差分マーカー]機能の対象外となります。よって、仕上がりサイズの外側に差異があっても、差分マーカーは付きません。

Illustratorのトリムマーク機能を使用している場合、[TrimBox範囲]が機能しない場合があります。

テキスト比較機能の照合結果について

テキスト比較機能で文字の照合を行った場合は、比較結果書き出しPDFに照合結果のHTMLファイルが添付されます。

比較結果書き出しPDFをAdobe ReaderまたはAcrobatで開いた例
文字の照合を行った場合に限り、「report.html」というファイルが比較PDFに添付されます。

「report.html」をウェブブラウザで表示した例

書き出すPDFの画質やファイル容量を調節したいときは

書き出すPDFの画質やファイル容量は、[環境設定]で調節することができます。

1[環境設定]の[保存設定]の画質を調節するスライダを動かして任意の画質を選択し、[設定]を押します。保存するPDFのファイルサイズが変更されます。

タイトルとURLをコピーしました