02 基本の操作

ここでは、PDFを取り込んで比較検証するための設定や操作について説明します。

基本の操作画面

BitMatch Premiumのアイコンをダブルクリックして起動すると、以下の画面が表示されます。

Windows

※[比較校正]ウィンドウは、メニューバーの[校正]→[比較校正画面を開く]を選択しても表示できます。

Mac

※[比較校正]ウィンドウは、メニューバーの[校正]→[比較校正画面を開く]を選択しても表示できます。

環境設定の操作画面

BitMatch Premiumの比較機能は、対象とするPDF原稿の色、大きさ、使用環境、作業環境などによって、[環境設定]ダイアログでの設定変更が必要な場合があります。設定変更は比較作業途中でも反映されますので、設定変更後、原稿を再度取り込み直す必要はありません。

取込み解像度
PDFの取込み解像度を変更

取込みPDFの寸法縮小
PDFの取込み寸法の縮小をオン・オフ

TrimBox参照
PDFの取込み時のTrimBox参照の有無

比較範囲
トンボ付きPDFの比較範囲設定の切り替え(全面または仕上がりサイズ内のみ)

差分調整
差分マーカーの表示量の調整。「0」で色差を全て表示。目盛りの数が多いほど色差を拾わない

差分マーカー表示
差分があった場合、常に差分マーカーを点滅させるかどうかを選択

画像濃度設定
[比較]モードで差異のないグレー部分の濃度の調整

保存設定
比較結果をPDF保存する際の設定

画質
比較PDFを保存する際の画質の調整

PDFの差分マーカー設定
比較PDFを保存時の差分マーカーの色と濃度設定

[設定]を押して変更した環境設定項目は、次回起動時にも反映されます。

PDFを取り込む

比較したいPDFを取り込みます。

1「 BitMatch Premium」を起動します。

2 [比較校正]が表示されます。表示されない場合は、メニューバーの[校正]から[比較校正画面を開く]を選択します。

3 原本PDF、校正PDFをドロップボックスにドラッグして取り込みます。ファイルを指定して取り込む場合は[原本][校正]それぞれの「取込みボタン」を押して、該当ファイルを取り込みます。

4 PDFの取り込みに成功すると、ドロップボックスにファイル名が、その下にはページサムネールが表示されます。検証パネル内のプレビューは、差異のある部分は「色」差異のない部分は「グレー」で表示される[比較]モードになります。

寸法の大きなPDFを比較する際にBitMatch Premiumが落ちる[取込みPDFの寸法縮小]

BitMatch Premiumは、PDFの取り込み時にビットマップ画像に変換して、検証パネルにプレビューを表示しています。このため「寸法の大きなPDF」を取り込むと、必然的にビットマップ画像のサイズ容量が大きくなり、BitMatch Premiumが落ちることがあります。そのような場合は[取込みPDFの寸法縮小]機能をお試し下さい。

BitMatch Premiumが落ちる主な原因は、当該のプロセスでメモリを使いすぎた場合に発生します。ただしこれは、ご使用のマシン環境(マシンのスペック、同時に立ち上げているソフトの数、積んでいるメモリの容量 など)によって異なります。

[取込みPDFの寸法縮小]機能とは?
[取込みPDFの寸法縮小]機能は、PDFの寸法を若干縮小して取り込みを行います。表示されるビットマップ画像のサイズは、PDFの寸法と取込み解像度により決定されますが、[取込みPDFの寸法縮小]機能を[ON]にすることで軽い負担で取り込むことが可能となります。

1 メニューバーの[編集](Windows)/[BitMatch Premium](macOS)から[環境設定]を選択します。

2 [環境設定]の[PDF取込み設定]の[取込みPDFの寸法縮小]を[ON]にして[設定]を押します。

[取込みPDFの寸法縮小]は、通常は[OFF]でご使用下さい。

TrimBox のサイズを参照して PDF を取り込む

TrimBox とは、PDFに記述されるいわゆる「仕上がりサイズ」のことです。アプリケーションによっては「ドキュメントサイズ」や「ページサイズ」とも呼ばれます。トンボの有無などで取り込む[原本]と[校正]それぞれのPDFの寸法が違っていても、記述されているTrimBox のサイズを参照して自動的に位置を合わせることができます。

ここでは、「原本PDFにはトンボがある」「校正PDFにはトンボ、塗り足しがない」そしていずれも「TrimBoxが仕上がりサイズ」というPDF同士を例に説明します。

1 メニューバーの[編集](Windows)/[BitMatch Premium](macOS)から[環境設定]を選択します。

2[TrimBox 参照]の[参照する]にチェックを入れ、[設定]を押します。これでTrimBox同士を参照する設定になりました。

3原本PDF、校正PDFをドラッグして取り込みます。ファイルを指定して取り込む場合は[原本][校正]それぞれの「取込みボタン」を押して、該当ファイルを取り込みます。

4[原本]と[校正]がぴったり合った状態で表示されます。

[環境設定]の[TrimBox 参照]にチェックがないと…
[原本]と[校正]それぞれのPDFの左上を原点(x=0, y=0)に位置を合わせます。トンボの有り、無しのPDFを重ね合わせた場合、図のようにずれてしまいます。

Adobe Illustratorの「トリムマーク」機能でトンボを付けたPDF
Illustratorの「トリムマーク」機能で作成されたトンボは、PDFにTrimBox情報が記述されないため、[TrimBox 参照]で位置合わせをすることができません。TrimBox情報がないPDFの位置合わせについては、校正移動機能を使用して下さい。

見たいページに移動する

BitMatch Premiumは複数ページのPDFが取り込めます。見たいページを表示する手順は以下のとおりです。

1複数ページのPDFを[原本]と[校正]に取り込むと[ページ移動]に[1]が表示されます。この[ページ移動]を使ってページ移動することができます。

ここでいう「ページ」とは、取り込んだPDFの順番を指します。

ページ移動の方法

ページ移動の方法は、以下の3通りです。いずれの操作でも見たいページに移動します。

ページ移動ボタンを使う
[前へ][次へ]のページ移動ボタンを押すたびに1ページずつ移動します。

数値を直接入力する
[数値入力欄]に直接数字を入力して、Enterキー(Windows)/ returnキー(macOS)を押します。数字は半角で入力します。全角で入力した場合は正常に動作しません。

プルダウンメニューを使う
ボタンを押すと、プルダウンメニューが表示されます。任意のページをクリックします。

表示倍率を変更したい

[検証パネル]内の表示を拡大したいときは、以下の手順で表示倍率が変更できます。

1PDFを取り込みます。取り込み時は「全体表示」となります。

2[表示サイズ]のスライダを右に動かすと、表示倍率を全体表示からピクセル等倍100%まで変更できます。

取り込んだPDFの寸法や解像度によってはスライダを動かしても表示倍率が変更されない場合があります。

表示倍率を[全体表示]から倍率を変えた後、スペースキーを押しながらドラッグすると、検証パネル内でスクロールすることができます。

[表示サイズ]のスライダを右に動かしても、検証パネルの表示倍率が変更されない

BitMatch Premiumは、取り込んだPDFをビットマップ画像に変換してから検証パネルに表示します。検証パネルに表示されたビットマップ画像の全体表示がピクセル等倍(100%)の場合は、[表示サイズ]のスライダを右に動かしても表示倍率は変更されません。名刺やカードなど、もともとの寸法が検証パネルより小さいPDFについてはこのようなケースがあります。

比較校正ウィンドウの幅を広げた例。検証パネル内で右側と下に余白が確認できます。

寸法の小さい原稿を取り込んだときなど、[表示サイズ]のスライダが一番左にあるのに、倍率が100%(全体)と表示される場合があります。これはすでに検証パネル内が等倍表示となっているためです。スライダを動かしても画面倍率は変化しません。

検証パネルに表示されるビットマップ画像のサイズは、取り込むPDFの寸法と取込み解像度により決定されます。小さな寸法のPDFの全体表示を検証パネル内で大きく表示したいときは、[環境設定]で[取込み解像度]を増やします。ただし、原稿サイズによっては拡大できないこともあります。

取込み解像度を変更する

BitMatch Premiumは、PDFをビットマップ画像に変換して検証パネルに表示します。その際の[取込み解像度]は、任意に変更できます。

取込み解像度とは?
検証パネルにPDFをプレビューする際の画像解像度です。初期設定は72ppiの3倍の216ppiとなっています。小さなサイズで細かい文字が多いPDFは、解像度を上げることでプレビューが見やすくなります。

1 メニューバーの[編集](Windows)/[BitMatch Premium](macOS)から[環境設定]を選択します。

2[取込み解像度]の初期設定は、216ppiです。原稿内容に応じて、 任意の数値を入力し、[設定]を押します。

位置を合わせたい

BitMatch Premiumは左上を原点(x=0, y=0)にPDFを取り込んで検証パネルに表示するため、寸法の違うPDF同士を比較すると表示位置がずれます。このような場合、[校正]に取り込んだPDFを移動して位置を合わせることができます。

トンボの有無によってずれてしまっている例。大幅な位置ずれを合わせた後、ピクセル単位で位置合わせをするときれいに合わせることができます。

大幅な位置ずれを合わせる

位置が大幅にずれているときは、校正PDF(緑色表示)を合わせたい原本PDF(赤色表示)に向けて、ドラッグで移動します。

1PDFを取り込み、[比較]と[校正移動]にチェックを入れます。

[表示サイズ]の倍率は、100%(ピクセル等倍)にすると、より正確に位置合わせができます。

2検証パネル内でドラッグすると、移動幅を示した青線が表示されます。

移動するのは校正PDF(緑色)の方なので、校正PDF(緑色)原本PDF(赤色)に近づけるイメージでドラッグするとうまくいきます。

3移動確認のダイアログが表示されます。[はい]を押すと位置が移動します。

4ずれが修正でき位置がぴったり合いました。

BitMatch Premiumの[校正移動]機能は、原本PDFと校正PDFで似た形状を検知しスナップさせるというアルゴリズムによって、ドラッグ移動だけで近似位置に合わせることが可能となっています。ただし、取り込むPDFの形状やパターンによって誤差が発生する場合もありますので、その場合は[校正移動]の矢印ボタンを使用してピクセル単位で合わせていくと、ぴったり位置合わせができます。

ピクセル単位で位置合わせをする

矢印ボタンを使用して、1ピクセルずつ校正PDFを移動することができます。

1移動を可能にするために[比較]と[校正移動]にチェックを入れます。矢印ボタンが選択できるようになります。

矢印ボタンの活用で細部までぴったり位置合わせ
「← →↑↓」ボタンを1回押すごとに1ピクセル、「Shift」キー+「←↑→↓」ボタンを1回押すごとに5ピクセル移動します。■は、原点回帰ボタンで、校正PDFを移動前の位置に戻します。

100%ピクセル等倍でぴったり位置合わせ
[表示サイズ]の倍率は、100%(ピクセル等倍)にすると、より正確に位置合わせができます。

2矢印ボタンを押して校正PDFの位置を移動して、位置を合わせます。

3ぴったり位置が合いました。

直前の校正移動量を使って位置合わせをする

[校正移動]を使用後、[校正]ドロップボックスにPDFを取り込み直すと、直前の移動量を継承できます。同じ寸法のPDFであれば、毎回移動量を設定することなく便利です。

1[校正]PDFの位置ずれを修正した状態です。この状態で再度[校正]ドロップボックスにPDFを取り込みます(校正PDFの寸法は、直前に取り込み済のものと同じと仮定します)。

2ダイアログが表示されます。

[する]を押した場合
直前の校正PDFの移動量が継承された状態で、新しい校正PDF を取り込みます。同じ位置に取り込まれます。

[しない]を押した場合
直前の校正PDFの移動量がリセットされ、再度左上を原点(x=0, y=0)として新しい校正PDFを取り込みます。


位置合わせの移動量が同じPDFの比較を、何度も繰り返さなければならないときには[する]を選択すると便利です。

タイトルとURLをコピーしました